理学療法士による専門指導とフィットネス・メディカルケアで、健康経営をトータルサポート

電話をする
アクセス
健康経営

ガードナーベルトを作っている会社の専務取締役が、瀬戸内ローズフィールドに来られました


先日、ガードナーベルトを作っている、株式会社ガードナーの専務取締役である福山様が弊社を訪問されました。
ガードナー社はガードナーベルトの販売を行っており、Instagramのフォロワーが5.4万人を超、YouTube登録者数は1万人を超える企業です。
福山様からガードナーベルトについての説明をいただき、その内容が非常に興味深かったため、以下にレポートをまとめます。

関連リンク

ガードナーベルトの商品ページ➡https://belt.guardner.jp/
会社概要のページ➡https://guardner.jp/

ガードナーベルトの実践体験

ガードナーベルトの強度


ガードナーベルトは、どれだけ引っ張っても壊れない構造になっています。
福山様は、まずこの点について説明してくださいました。
ガードナーベルトは最大480キロの引っ張りに耐えることができ、どれだけ筋肉のある人でも壊すことはできません
まずはこの説明から始まりました。

ガードナーベルトの実践


次に、実際にガードナーベルトを使って腰を締め上げる実演が行われました。
ベルトで腰を締め上げ、足踏みをしてみると、締め上げた時と緩めた時の歩行時の筋肉の使い方が全く違うことが分かります。
ベルトを締めることで腰骨が立ち、正しい姿勢で歩くことができるため、普段とは異なる筋肉を使っていることを実感しました。

さらに、ガードナーベルトを使った骨盤矯正の方法も教えていただきました。
ベルトを締め上げる前に前屈で体の柔らかさを測り、その後ガードナーベルトで骨盤を締め上げ、指示された通りに体操を行うと、体が非常に柔らかくなることを体感できました。

最後に、お腹を締め上げ、実際に座ってみると、背筋を伸ばして正しい姿勢を保つことができるのを実感しました。

まとめ

ガードナーベルトの効果を体感できる非常に良い機会となりました。
瀬戸内ローズフィールドではサンプル品を置いていますので、ぜひ一度お越しいただき、体感してみてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP